News
髪の毛を気にする男性

発毛にまず欠かせないのは酸素と栄養素です。
酸素は皮膚呼吸と血液によって補われ、栄養素は血液から運ばれてきて発毛に良い効果を発揮します。
次に皮脂についてですが、人によって皮脂が髪の成長を妨げているとして完全に除去しようとする場合がありますが、これは脱毛症の原因となります。
というのも皮脂は確かに多すぎるとあまり良くありませんが、少なすぎても皮膚が乾燥してしまうのです。
皮脂は水分と混ざると保護膜と呼ばれる皮脂膜を形成します。
この皮脂膜によって頭皮の乾燥を防いでいるのです。
このため、皮脂が少なくなってしまうとこの膜ができなくなってしまい、頭皮が乾燥してしまいます。
なお皮脂膜が形成されるのは頭皮だけではありません。
体全体で皮脂膜が形成されているのです。
頭皮を含めた体全体が乾燥しないように皮脂膜で保護しているのです。
このように頭皮も体の一部であり、そのため健康を考える必要があります。
そのため、睡眠をしっかり取るとともにきちんとした食生活が不可欠となります。
寝不足になると髪の毛がパサパサになったり、ツヤが無くなります。
食生活については発毛のためにビタミンやミネラル、タンパク質を含む食品の摂取が不可欠になります。
特にビタミンEはそもそも老化を防ぐ働きがあり、このビタミンEが足りなくなってくると血行が悪くなります。
そうすると肌の老化現象が進んだり、抜け毛が増えたりします。
血行が悪くなると栄養素が行き届かなくなりますので注意してください。
なおタンパク質は大豆や魚を摂取すると良いでしょう。
逆にコンビニ弁当やインスタント食品はなるべく控えるようにしてください。
髪の毛の成長の妨げになる可能性があります。
ダイエット等もタンパク質が不足するために徐々に髪の毛が細くなり、抜け毛が多くなりますので注意してください。

サイト内検索
人気記事一覧
最近の投稿
アーカイブ